クレームから保育士を守るのは園長の役割です

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
クレームから保育士を守るのは園長の役割です

保育園の保護者の中には、保育園やクラス担任に不満を抱えている人も一定数はいます。その理由は、自分の子どもへの対応の不満だったりクラス運営に対する不満だったりします。

クラス担任の保育士に直接苦情を言う保護者はあまりいない?

不満を抱えた保護者の人たちがクラス担任に直接苦情を言うことはあまりないかもしれません。様子を見て、許容できる範囲のことなら苦情を言わずに見過ごす保護者もいるでしょう。
保護者が何か伝えたいと思ったときに、まずは他のクラスのベテランの先生や、園長先生に苦情を言うことが多いです。
園長は保護者からの苦情を聞いたら、状況の説明や場合によっては謝罪をしなければならないこともあります。
でも、保護者の勝手な言い分だと思われることに対しては、毅然とした態度をとらなければいけません
また、苦情の内容を全て担当の保育士に伝えてしまうのは避けた方がいいです。伝えないといけないことだけを伝え、あとは、クラス運営の指導という形で処理するべきです。

園長は行政の言いなりになるだけではいけない

保育園を管轄しているのは行政ですから、園長は行政の指導に従う必要はあります。でも、そのことばかりに集中せずに、優秀な保育士を育てることも仕事の一つです。
保育士への指導はもちろんですが、保護者のクレームからも守らなければいけません
もしも保育士が直接保護者から苦情を言われたと相談してきたら、どのようなことを言われたのか、それに対してどのように説明したのか、どのような保育をしていたのか、ということを丁寧に聞いてください。
そして、その保護者に対して園長からも説明をしてフォローするという姿勢が大切になります。そうすることで、保護者は理不尽な苦情を言いにくくなるという効果もあります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*