保育園の園長先生に求められるスキルって?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
保育園の園長に求められるスキルって?

保育園には、園長先生がいます。園長先生とは、園の職員の中で一番立場が上の先生で、園の代表になる存在です。
園長先生には、どのようなスキルが求められるのでしょうか?

保育の知識

園長先生は、直接担任を受け持つことはあまりありません。ですが、それぞれのクラスで何か問題が起きた時や、加配の先生が必要になった時などにクラスに入ることもあります。
その時には、保育のスキルが求められます。園長先生は、たいていは何年も先生を経験している人が多いので、その経験を生かすことになります。

保護者への対応能力

保護者とのコミュニケーション能力も求められます。保護者の中にはクラスの子どもや、保育士に対して不満を持っている人もいます。
その場合、直接担任の先生に言わずに、園長先生に言う保護者もいます。その場合、保護者の言い分を聞きながら、園の方針も伝えるということになります。
うまくしないと、保護者との間に溝ができてしまうので、コミュニケーション能力が問われるのです。
普段から保護者とあいさつをしたり、時には世間話をしたりしていると、言いにくいことでもお互い言い合えることもあります。

職員をまとめる力

園長先生には、職員をまとめる能力も必要とされます。園長先生は園の職員の一番上の立場になるので、職員からの相談も受けることがあります。
その内容は保育に関することもありますが、職員同士の人間関係の悩みであることもあります。相談の中には、園長先生が介入しないと解決しないような問題もあります。
その時に、園の職員がいい方にまとまるように、言うことを聞いてもらわないといけません。
そのためには、普段から職員とコミュニケーションをとって、信頼関係を築いておかないといけません。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*