「保育園落ちた日本死ね」について現役保育士が思うこと

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
「保育園落ちた日本死ね」について現役保育士が思うこと

保育園落ちた日本死ね

このブログを読んで思ったことは、保活がそれほどまでに過酷だということです。特に首都圏や都市部では保育園に入れない待機児童がたくさんいます。
その一方で、田舎では定員割れしている保育園も多くあります。待機児童の問題というのは、主に都市部に限った話のようです。
でも、都市部だからこそ生活にお金がかかるし、夫婦で働く必要があるのかもしれないとも思います
また、結婚してから都市部に引っ越す人も多く実家が遠くて頼れないという夫婦も多く見られます。
いろいろな要因があって保育園のニーズが高いので、待機児童の問題が起こるのだと思います。
保育園の現場は、とても大変です。保育士としては、子どもの成長を日々感じられるのはとてもやりがいがあります。でも、大変なことが多いのも事実です。
まず、体力がとても必要です。毎日子どもに付き合って遊びますし、環境の整備やイベントの準備などで重いものを運ぶ機会も多いです。
また、仕事が終わってからすぐに帰れることはありません。残業は当たり前の職業です。保育室の整備や子どもとの活動の打ち合わせなど、仕事はたくさんあります。
保護者とのやりとりにも神経を使います。子どもの体調のことなど、保育において気をつけなければならないことを毎日聞きますし、苦情を言われることもあります。
保育士は、子どもの性格の形成に大きく関わる大切な仕事だと思っています。その割には、給料が低いのではないかという思いもあります。
保育士を仕事としてずっと続けたくても、給料が少ないのでなかなか続かないということもあります。
最近では男性保育士もメジャーになってきましたが、結婚して家族を養うことができる給料ではないので、積極的に保育士になる男性は少ないようです。
女性でも、保育士の資格を持っていながら、給料があまりよくないということで保育士にならずに、資格を生かしていない人も多く見られます。
このような状況を改善できれば、保育士のなり手が増えて、待機児童の問題の解決の糸口が見えるかもしれないと思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*