現役保育士のお仕事マニュアル

日本一待機児童が多いと言われている東京都世田谷区の認証保育園で働く保育士のブログです。安い給料でサービス残業が多いけれど、毎日がんばってます!

保育園運営

ケガは本当に悪なのか?保育園での子どものケガについて

投稿日:2015年7月10日 更新日:

保育園で過ごしていると子どもがケガをすることもあります。遊んでいるときに自分で転んでしまったり、友達と言いあいになって手が出てしまってケガをしたりすることもあります。

ケガをしないようにするのは難しい?

例えば、大型の遊具があったとします。子どもが楽しんで遊ぶことができ、ジャングルジムや上り棒などもついていて、体力の向上にもいい遊具です。
でも、高いところから手を滑らせて落ちてしまったら、ケガをしてしまいますよね。
でも、そのためにこの遊具を撤去してしまうのはもったいないことです。子どもはケガをして学ぶこともあるからです
手を滑らせて落ちてしまったのなら、今度からはしっかり握るようにしようと学習します。また、落ちそうなところでは慎重に行動しようとするでしょう。
遊んでいる時には、多かれ少なかれケガはつきものです。危険だからと言って、けがをしないように行動を制限すると、子どもは学ぶことができません。
危険なことが分からずに、いつか大けがをしてしまうかもしれませんね

子どもがケガをしてしまったら

保育園での子どものケガは、とてもデリケートな問題です。保護者としては、どういう状況でなぜケガをしたのかが知りたいのです。
走っていて自分で転んでしまったのか、友達とけんかをしてケガをしてしまったのか、保育士はきちんと説明できなければいけません。
友達とのトラブルでケガをしてしまった場合は、相手の友達にも謝罪をしないといけないこともあります。
保育士は、けんかをしているときに手がでないようにみていなければなりません。
子どもが保育園でケガをしてしまったら、保育士は保護者に状況を説明をして謝罪をすることになります。
でも、過度な謝罪は必要ありません。あまり過度に謝罪をすると、逆に何か隠しているのではないかと、余計な勘ぐりをされることもあります。

-保育園運営
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

発達障害の園児を受け入れない保育園や保育士たち

発達障害の園児を受け入れない保育園や保育士たち

保育園には、いろいろな園児が在籍しています。その中には障害を持った園児もいます。 大きな障害であれば、専門の施設に預けられることが多いですが、軽い障害なら保育園に預けることもできます。 保育園や保育士 …

保育園の縦割り保育のメリットとデメリットとは?

保育園の縦割り保育のメリットとデメリットとは?

保育園のクラス編成は、同じ学年の子どもを集めたクラスであることがほとんどです。 でも、中には縦割り保育を行っている保育園もあります。また、一時的に縦割り保育をする保育園もあります。 縦割り保育のメリッ …

保育園でのお弁当は廃止して給食に統一すべきか?

保育園でのお弁当は廃止して給食に統一すべきか?

保育園のお昼ご飯はどうなっているのでしょうか。 毎日給食が出るという園もあれば、お弁当という園もあるでしょう。または、週に何日かは給食で、あとはお弁当という園もあるかもしれませんね。 昨今、保育園での …

保育園にライブカメラは必要なのか?

保育園にライブカメラは必要なのか?

子どもを保育園に預けていれば、子どもが毎日どんな様子で過ごしているのか気になりますよね。 特に子どもが朝離れる時に泣いていたり、体調がいまいちだったりした時など、その後元気に遊べたのか気になるものです …