仕事を求めて地方から上京する保育士が増えています

仕事を求めて地方から上京する保育士が増えています

地方の大学や短大で保育士の資格を取得した後に、上京して就職する人が増えています。なぜこのようなことが起こっているのでしょうか。

地方には求人がない?

保育園で働こうとしても、地方ではなかなか仕事が見つからないこともあります
都市部のように人口が多くないので、入園してくる園児も少なく常に定員割れしている保育園も珍しくありません。
仕事が見つかっても、保育園自体が少ないために職員の募集人数も少なく、一度求人が出ると応募者が殺到するので求人倍率は高くなります。
また、辞める職員の数が少なくて、ほとんど求人が出ないこともあります。
そのため、せっかく勉強して資格を取得しても働くことができないのです。地方には保育士資格を持て余している人が多いと言えます。

上京すれば仕事がある?

そのため、地方から上京して保育士として働く人が増えています。東京は人口が多く、働くお母さんも多いです。保育園の数も多くて保育士が足りていないという状況があります。
また、東京には地方にはない保育園の形態があります。24時間子どもを預かっている保育園や、最先端の教育を取り入れて特色を出している保育園もあります。
それらの園に触れて視野を広げることもできます。
勤務時間帯も保育園によって異なるので、自分の都合のいい時間に働ける保育園に就職することも可能ですし、保育方針で保育園を選ぶこともできます。
最近では、家賃補助がある保育園もできて、より地方から上京しやすくなりました。
また、東京の街は刺激が多くて楽しいので、自分の好きな生活をしながら働くこともできます。これも、上京する人が増えている理由の一つです。
ただ、東京は家賃や物価が高いので、節約して生活する必要はあります

保育園の園長先生に求められるスキルって?

保育園の園長に求められるスキルって?

保育園には、園長先生がいます。園長先生とは、園の職員の中で一番立場が上の先生で、園の代表になる存在です。
園長先生には、どのようなスキルが求められるのでしょうか?

保育の知識

園長先生は、直接担任を受け持つことはあまりありません。ですが、それぞれのクラスで何か問題が起きた時や、加配の先生が必要になった時などにクラスに入ることもあります。
その時には、保育のスキルが求められます。園長先生は、たいていは何年も先生を経験している人が多いので、その経験を生かすことになります。

保護者への対応能力

保護者とのコミュニケーション能力も求められます。保護者の中にはクラスの子どもや、保育士に対して不満を持っている人もいます。
その場合、直接担任の先生に言わずに、園長先生に言う保護者もいます。その場合、保護者の言い分を聞きながら、園の方針も伝えるということになります。
うまくしないと、保護者との間に溝ができてしまうので、コミュニケーション能力が問われるのです。
普段から保護者とあいさつをしたり、時には世間話をしたりしていると、言いにくいことでもお互い言い合えることもあります。

職員をまとめる力

園長先生には、職員をまとめる能力も必要とされます。園長先生は園の職員の一番上の立場になるので、職員からの相談も受けることがあります。
その内容は保育に関することもありますが、職員同士の人間関係の悩みであることもあります。相談の中には、園長先生が介入しないと解決しないような問題もあります。
その時に、園の職員がいい方にまとまるように、言うことを聞いてもらわないといけません。
そのためには、普段から職員とコミュニケーションをとって、信頼関係を築いておかないといけません。