求人

保育士の仕事は重労働で大変だけど働き口に困ることはない

保育士の仕事は重労働で大変だけど働き口に困ることはない

保育士は他人の子供を預かって日常的な世話をする人です。幼稚園教諭よりも比較的取りやすい資格ですし、近年保育士の数が不足しているので保育士一人一人にかかる負担というものが大変増えています。

保育は老人介護の子供バージョン

他人の子供のオムツ替え寝かしつけ遊び食事の世話など老人介護の子供バージョンと言った感じの仕事なので体力勝負のところがあります。

しかも預けられている子供の数は年々増加していて、都会では保育園に入れない子供もいるくらい保育士や保育園が足りていない状況が続いています

そんな状態ですから保育園は一人一人のお子さんにしっかりと手がまわる状態とは言えませんし、保育士は常に子供に目を配り神経を使わなくてはいけないので、本当に子供が好きでないと続かない職業だと思います

子供を長時間見るわけですから保護者にその日あったことや気付いたことなどを伝えなければいけません。

連絡帳は必要だけど保育士の負担も大きい

そういうために使用するのが連絡帳のようなもので何を食べたとか体の異変とか一人一人の様子をその日の帰りまでに書き留めなければならないので大変です。

子供の世話をしつつ連絡帳も作りと気が休まる時間などありません。

そう言った重労働のために辞めていったり保育士になることを躊躇したりする人もいると思います。

保育士求人は増えているから仕事に困らない

しかし保育士は求人がたくさんありますし、一度資格を取ったら自分が出産をしても働き口はあるのでそう言った面ではいいのかなと思います。

子供が好きで子供を産んでからもずっと保育士をする人はたくさんいます。

自分の子供を見るのにも役に立つ知識が得られます。

ケースバイケースで自分の判断に委ねられることも多く責任の重い仕事でもありますが、保育士は必要とされている仕事だということを考えると、辛いことも使命を持ってがんばれるのではないかと思います。

面倒を見てきた子供たちが卒業していくと本当に親のような気持ちになりその子供の将来を想像したり応援したりする気持ちが芽生えたりします。

まさに自分の子供のような気持ちになることが保育士にとって嬉しいことなのかもしれません。

公立保育園と認可外保育園の保育士の給料格差問題

公立保育園と無認可保育園の保育士の給料格差問題

保育園には、いくつか種類があります。公立保育園、私立保育園、認可保育園、認可外保育園などがあります。
子どもを預かるという点では同じですが、運営している主体が異なるため、保育士の給料や福利厚生も異なっています

公立保育園で働く保育士の給料

公立保育園は、国や自治体が運営しています。国が定めた保育所設置基準を満たしています。設備や遊具はもちろん、保育士の人数なども基準を満たしています。
給料体系もしっかりとしており、確保されています。未払いになることもないですし、ボーナスもあることが多いです。
福利厚生もきちんと示されており、保険制度有休もきちんとあります。

認可外保育園で働く保育士の給料

認可外保育園は、運営主体が民間企業や個人であることが多いです。国が基準に示している保育所の設置基準を満たしていません。
認可外保育園は自由な運営ができ、保護者のニーズに対応して運営することもできます。
その一方で、施設の設備で危険な個所があったり、遊具が必要な数に足りていないこともあります。
保育料は、公立保育園よりも割高であることがほとんどです。その一方で、保育士の給料が安く抑えられている園も多いです
給料も自由に設定できるので、多くの場合は、一般的な公立保育園よりも数万円ほど安くなっています。ボーナスの有無は、保育園によって異なります。

給料格差について

昨今、保育園に入りたくても入れない待機児童が増えてきています。国が示している指針に沿った保育園を増やすのは、なかなか難しいことです。そのため、無認可保育所が増えています。
同じ保育の仕事を行っているにも関わらず、保育士の間で給料に格差があるのは、あまりいいことではありません。
今後考えていかないといけない問題だと言えます。

保育士派遣なら公立並みの給料も

認可外保育園で正社員として働く保育士の給料は非常に少ないです。おまけに残業も多く、割に合わないといった悲鳴が多い。そこでおすすめな働き方が派遣社員です。
派遣社員は時給制のため、働いた分だけ自分の給料に反映されます。なので、残業しても100%残業代として給料に含まれます。そして何と言っても時給1,500円といった求人も少なくありません。1日8時間勤務、月20日出勤であれば、月収24万円。さらに残業代がつけば月30万円も夢じゃありません。

登録すべき派遣会社は「保育士派遣会社のおすすめ」で見つけると良いでしょう。紹介可能求人数の多さ、時給の高さ、福利厚生の充実度合いなど、希望条件にあった会社を選んでください。

仕事を求めて地方から上京する保育士が増えています

仕事を求めて地方から上京する保育士が増えています

地方の大学や短大で保育士の資格を取得した後に、上京して就職する人が増えています。なぜこのようなことが起こっているのでしょうか。

地方には求人がない?

保育園で働こうとしても、地方ではなかなか仕事が見つからないこともあります
都市部のように人口が多くないので、入園してくる園児も少なく常に定員割れしている保育園も珍しくありません。
仕事が見つかっても、保育園自体が少ないために職員の募集人数も少なく、一度求人が出ると応募者が殺到するので求人倍率は高くなります。
また、辞める職員の数が少なくて、ほとんど求人が出ないこともあります。
そのため、せっかく勉強して資格を取得しても働くことができないのです。地方には保育士資格を持て余している人が多いと言えます。

上京すれば仕事がある?

そのため、地方から上京して保育士として働く人が増えています。東京は人口が多く、働くお母さんも多いです。保育園の数も多くて保育士が足りていないという状況があります。
また、東京には地方にはない保育園の形態があります。24時間子どもを預かっている保育園や、最先端の教育を取り入れて特色を出している保育園もあります。
それらの園に触れて視野を広げることもできます。
勤務時間帯も保育園によって異なるので、自分の都合のいい時間に働ける保育園に就職することも可能ですし、保育方針で保育園を選ぶこともできます。
最近では、家賃補助がある保育園もできて、より地方から上京しやすくなりました。
また、東京の街は刺激が多くて楽しいので、自分の好きな生活をしながら働くこともできます。これも、上京する人が増えている理由の一つです。
ただ、東京は家賃や物価が高いので、節約して生活する必要はあります