現役保育士のお仕事マニュアル

日本一待機児童が多いと言われている東京都世田谷区の認証保育園で働く保育士のブログです。安い給料でサービス残業が多いけれど、毎日がんばってます!

保育園運営

保育園の縦割り保育のメリットとデメリットとは?

投稿日:2016年1月15日 更新日:

保育園のクラス編成は、同じ学年の子どもを集めたクラスであることがほとんどです。
でも、中には縦割り保育を行っている保育園もあります。また、一時的に縦割り保育をする保育園もあります。
縦割り保育のメリットやデメリットはどのようなことがあるのでしょうか。

縦割り保育のメリット

縦割り保育のメリットとしては、違う学年の子どもが一緒に活動することで、様々な刺激を受けることができることです
学年の小さな子どもは、大きな学年の子どもを見て、遊びや友達との接し方を学びます。高度な遊びをマネすることによって、手先が器用になりますし遊びのルールを覚えることができます
大きな学年の子どもは、自然に小さな子どもの世話をするようになります。同じ学年の子どもの中では経験できない、頼られるという感覚を味わうことができ、成長することができます。
また、一人っ子の子どもにとっては、いろいろな学年の子どもと触れ合う機会はとても貴重なものになります。
保育士としては、大きな学年の子どもが少しは世話をしてくれるので、全体に目が届きやすいというメリットがあります。

縦割り保育のデメリット

縦割り保育のデメリットは、学年によって能力に差があることで活動に制限がかかってしまうことです
同じ活動をするにしても、みんなができるレベルに合わす必要がでてきます。そのため、大きな学年の子どもには物足りない活動になってしまうこともあります。
また、大きな学年の子どもは小さな学年の子どもに比べて力も強く知恵もあるので、おもちゃや絵本などの取り合いの時に、小さな学年の子どもは不利になってしまいます
また、ケンカが起こった時に手加減ができずに、大きな学年の子どもが小さな学年の子どもに大けがを負わせてしまうこともあります。
保育士側からずると、ひとつの活動をする時に、学年によってフォローすることが違ってくるので、クラス全体をまとめるのが大変になることがあります。

-保育園運営
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

保育園でのお弁当は廃止して給食に統一すべきか?

保育園でのお弁当は廃止して給食に統一すべきか?

保育園のお昼ご飯はどうなっているのでしょうか。 毎日給食が出るという園もあれば、お弁当という園もあるでしょう。または、週に何日かは給食で、あとはお弁当という園もあるかもしれませんね。 昨今、保育園での …

ケガは本当に悪なのか?保育園での子どものケガについて

ケガは本当に悪なのか?保育園での子どものケガについて

保育園で過ごしていると子どもがケガをすることもあります。遊んでいるときに自分で転んでしまったり、友達と言いあいになって手が出てしまってケガをしたりすることもあります。 Contents1 ケガをしない …

保育園にライブカメラは必要なのか?

保育園にライブカメラは必要なのか?

子どもを保育園に預けていれば、子どもが毎日どんな様子で過ごしているのか気になりますよね。 特に子どもが朝離れる時に泣いていたり、体調がいまいちだったりした時など、その後元気に遊べたのか気になるものです …

発達障害の園児を受け入れない保育園や保育士たち

発達障害の園児を受け入れない保育園や保育士たち

保育園には、いろいろな園児が在籍しています。その中には障害を持った園児もいます。 大きな障害であれば、専門の施設に預けられることが多いですが、軽い障害なら保育園に預けることもできます。 保育園や保育士 …